PigData

スクレイピングに必須の言語、知っておくべき知識とは

2020年03月16日(月)

スクレイピングとはなんなのか、スクレイピングでどんなことができるのか、がわかると、次は実装してみよう!となるかと思います。

スクレイピングの基礎をまとめたガイドはこちら

スクレイピングを実装するための言語はPython!と聞く人も多いかと思います。しかし、スクレイピングを行うにはPythonの知識だけではできません。今回はスクレイピングを実装するのに知っておくべきプログラミングの基礎をご紹介します。

 

スクレイピングに必要なプログラミング言語

【Webサイトを構成する言語】

html

世の中にあるほとんどのWebサイトはHTMLとCSSでつくられています。
スクレイピングはそのHTMLやCSSの要素を読みとり、必要とする部分を抽出します。つまり、HTML、CSSでどのようにWebサイトの情報がかかれているのかがわからないと、スクレイピングもできません。また、JavaScriptで動きをつけているWebサイトの場合、その知識も必要となります。

HTML

Hyper Text Markup Languageの略で、複数の「タグ」を活用してプログラミングすることで、その「タグ」が意味する形式にWebサイトを構築します。
例えば、<p>~</p>は~をひとつの段落として構成し、<a>~</a>タグを用いると~内にリンクを挿入することができます。

 

CSS

Cascading Style Sheetsの略で、HTMLのタグに対するルールや class・idでグループに対するルールを設定することで、Webサイトのデザインを整えることができます。
例えばcolorで文字色を指定したり、font-familyでフォントの種類を指定することができます。

 

JavaScript

Webページに「動き」をつけることができるプログラミング言語です。
JavaScriptを使うことで、表示・非表示の切り替えやHTML・CSSの操作をすることができます。

 

【スクレイピングをする際に用いる言語】

Python

Pythonはプログラミング言語の中でもスクレイピングに適したライブラリが豊富にあるため、少ないコード量であらゆるWebサイトに対応したスクレイピングコードを構築することができます。

 

ここまで知っていると便利!
【スクレイピングでよく使うPythonのライブラリ】

Requests

PythonのHTTP通信ライブラリのひとつ。
これを使うことで、Webサイトの情報取得や画像収集が簡単に行えます。

 

BeautifulSoup4

PythonのHTMLパーサライブラリのひとつ。
HTMLやXMLファイルを解析し、Webサイトからデータを取得できます。

 

Selenium

ブラウザを自動的に操作するPythonのライブラリです。
主にJavaScriptが使われているWebサイトやログインが必要なWebサイトのスクレイピングに使われます。

 

おさえておきたいプログラミング知識

【基本用語】

アクセスブロック

Webサイトによっては、特定のIPアドレスからの流入や、ロボットからのアクセスを遮断している場合がありますので気を付けましょう。

 

サーバーダウン

アクセスが一定期間に過剰にあると、サーバーが落ちてWebサイト側に迷惑をかけるので、気を付けましょう。

 

【通信プロトコル】

HTTPリクエスト / HTTPレスポンス

ブラウザからサーバーに送る命令を「リクエスト」、それに対して、サーバーからブラウザに送る命令を「レスポンス」と言います。
HTTPリクエスト/レスポンスを利用してスクレイピングを実行することもできます。

 

【データフォーマット】

JSON

JavaScript Object Notationの略で、テキストベースのデータフォーマットです。軽量なフォーマットなので、データ抽出を高速で行うことができます。

 

簡単にスクレイピングをするには

スクレイピングの方法を調べると、たいてい「Pythonでスクレイピングする方法」とか、「Pythonのコードを紹介」などのページが上位に上がってきます。しかし、それらを読み進めてもスクレイピングをすることはできません。
スクレイピングを実行するには、法律Webサイト調査、さらに複数のプログラミング言語や知識を学ぶ必要があります。完璧に学ぶ時間がなく効率よくスクレイピングがしたい、という方はツールを使ったり、業務委託を検討してもよいでしょう。

 

知識不要でできるスクレイピング代行はこちら

リリース一覧へ マーケティングインサイト一覧へ