PigData

スクレイピングをする前に!違法にならないための法律以外の注意点

2020年01月28日(火)

ビジネスにおいてスクレイピングを行うにはいくつかの手順があります。

スクレイピングの基礎から応用までがわかるガイドはこちら

  1. スクレイピングを活用するサービスが違法かどうかを調べる
    【スクレイピング】違法にならないサービスパターン5選
  2. スクレイピングを行うWebサイトの調査
  3. スクレイピングコードの確認

違法かどうかがわかるスクレイピングに関する法律についてはこれまでの記事でお伝えしました。
今回は「Webサイトの調査」についてのノウハウをお伝えします。
本当にそのWebサイトからスクレイピングができるのか、スクレイピングをしても問題はないか、はWebサイトの内部を確認することで、より安全にスクレイピングをすることができます。
どんなことが必要か、スクレイピングのプロ目線から確認しました。

 

Webサイト調査はここから

サイト調査

GET、POSTによるWebデータの取得

 

スクレイピングが難しいWebサイトの特徴

いくつかのWebサイトはDos攻撃などからサイトをまもるためのセキュリティ対策をしている場合があります。そういった対策はスクレイピングを含めるロボットによるアクセスを難しくするため、データ取得の際には工夫が必要です。
例えば、下記のようなWebサイトはスクレイピングが難しいサイトといえるでしょう。

 

スクレイピングができない、そんな時はプロに相談

Webサイトの調査をしていると、スクレイピングができないかも・・・と思うこともあるでしょう。実際にスクレイピングができないページも存在します。しかし、スクレイピングのプロは様々な方法を用いてWebデータを取得する技術を知っています。
もし、Webサイトの調査をしていてわからないことがあった、スクレイピングができない、と諦める前に一度プロに相談してみるとよいでしょう。

 

相談は無料!プロが行うスクレイピング代行はこちら

リリース一覧へ マーケティングインサイト一覧へ