PigData

【スクレイピング事例紹介】価格査定に必須!不動産の価格を一括取得管理

2019年08月15日(木)

物件や土地の価値は変動しがちで、不動産業界ではそれらを随時把握しておく必要があります。しかし、その量が膨大であるため不動産価格のデータ収集をスクレイピングで自動化したい、という要望があります。
今回はPigDataスクレイピング代行の不動産業界における事例から、「地域ごとの不動産の価格を分析して、不動産の適正価格を査定できるようにしたい」という不動産管理企業を例にご紹介します。

 

不動産検索サイトのデータ

私たちが一般的に見ることができる「Suumo」や「Century21」、「HOMES」などの不動産検索サイトにもたくさんの不動産データが集まっています。これらのWebサイトは地域ごとや不動産のサイズなど、条件を絞った物件データを抽出することができるため、取得時からある程度まとまったデータとして扱うことができます。

 

PigDataで物件価格を取得

PigDataスクレイピング代行で、条件で絞り込みをした後のデータを一括で取得します。例えば、Suumoで「東京都都心部・2K/DK/LDK・駅徒歩10分以内」の中古マンションは2220件ありました。(2019年8月15日)

suumo

(参照:Suumo

PigDataで取得した不動産価格データ

suumodata
同様に他のエリアでも検索し、すべての価格データを取得することで、エリアごとに同条件の中古マンションの平均価格を知り、比較することができます。

 

不動産データを可視化

エリアごとの価格を取得し、分析した結果を可視化することができます。
例:東京23区内で同一基準の中古物件を取引価格ごとにGoogle Map上で表示

realestatemap

他にも、長期的にデータを取得し、時間軸を設けてエリアごとの平均価格の推移を見ることなども可能です。

 

変動したときにはアラートを

土地や不動産の価格は変動します。
WebサイトをPigDataスクレイピングで常にWebサイトを監視しておくことで、急に変動した物件や土地があったときに担当者に連絡をすることができます。

realestateflow

 

不動産データの取得・分析はこちら

リリース一覧へ マーケティングインサイト一覧へ