PigData

amazon輸出に必須ツール、Jungle Scoutとは?

2019年03月07日(木)

amazon出品には「amazon輸出」という海外amazonで販売する方法があること、またそれに役立つツールをいくつかお伝えしました。

その中で、商品リサーチツール「Jungle Scout」は無料ではないものの、その性能は高く、アメリカではメジャーなamazonツールです。また、日本で使われているツールにはない機能も多いため、利用することでamazon輸出に取り組むうえで他の出品者との差をつけることが可能です。

Jungle Scoutって?

Jungle Scoutはアメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、イギリス、スペイン、インド、イタリア、メキシコのamazonに対応した商品リサーチツールです。日本のamazon.co.jpに対してのリサーチはできませんが、輸出先マーケット内の商品リサーチをすることはamazon輸出を成功させるうえで重要になってきます。

Jungle ScoutにはWeb AppChrome Extensionの二種類あり、価格も機能も異なってきます。
Web AppではASINごとの商品の販売実績、ランキング、販売平均価格を追跡したり、カテゴリーや価格、競合の人数やキーワードで絞り込んだ商品を検索することができます。また、特定のキーワードからその関連キーワード、もしくはASINに関わるキーワードのボリュームを調べることもできます。
これらのデータを用いることで、amazonにある多量の商品の傾向を知ることができ、商品選定に役立てることができます
一方、Chrome Extensionは商品ページを開くことで、その商品の販売実績、ランキング、利益を1日だけではなく、履歴データとして一覧することができます。また、独自のアルゴリズムによって計算される販売可能率を割り出すことができます。

 

料金体系

Web App

BusinessStandardStart-Up
月額 $50 $40 $25
使用可能人数 6人 3人 1人
追跡可能商品数 150 80 40
機能 商品データベース 商品データベース 商品データベース
商品追跡 商品追跡 商品追跡
キーワードスカウト キーワードスカウト キーワードスカウト
ニッチハンター ニッチハンター  - 

 

Chrome Extention

Chrome ExtentionChrome Extensiopn Lite
月額 $197 $97
機能 月の収支 月の収支
評価追跡 評価追跡
カテゴリーごとの売り上げランキング  - 
Web Appデータの統合  - 
利益計算  - 
FBA価格計算  - 
販売成功率  - 

Jungle Scoutには無料で使える使用期間はありませんが、利用開始14日以内なら解約・返金可能となっています。

 

Jungle Scout Web Appで商品リサーチ

商品リサーチのため、Jungle Scout Web Appを使うとどんなことがわかるのでしょうか。それぞれの機能を確認しました。

Find Product

Product Database

productdatabase

 

productdatabase2

商品を細かく絞り込みをすることができます。
絞り込み項目のひとつにある「LQS」とは、Jungle Scout独自のアルゴリズムで算出された数字であり、商品リストとして質の高さを0~10で示しています。
商品選定において、この数値が高いものを新たに売ることは非常に難しいと考えられます。

Product Tracker

producttracker

Product Databaseでいくつかの商品を選定したら、次にそれらの商品の販売傾向をProduct Trackerで確認することができます。商品はグループごとに保存することができ、そのグループの平均や、個別の販売傾向を一覧することができます。

Niche Hunter

nichehunter1

 

nichehunter2

Niche Hunterをつかうことで、まだ市場が満たされていない穴場のキーワードや関連商品を見つけることができます。つまり、販売できる可能性のあるキーワードや商品を見つけるヒントを得ることができるのです。
絞り込みポイントはProduct Databaseと非常に似ていますが、絞り込みの項目は主にJungle Scout独自のアルゴリズムで計算された数値をもとに表示されています。例えば、先に述べた「LQS」だけでなく、「Competition」は商品の競争率、「Oppotunity Score」は需要の高さや競争率、上場今後売り上げが伸びていく傾向を考慮した販売可能率を示しています。

 

Keywords

Keyword Scout

keywordscout

特定のキーワードやASIN、またカテゴリーを入力することで、そのキーワードもしくは関連キーワードのサーチボリュームを知ることができます。

My List

mylist

多数のキーワードをグループリスト化して、一度にそれらのサーチボリューム等をKeyword Scoutと同様に確認することができます。

Listing Builder

listingbuilder1

 

listingbuilder2

amazonで商品ページを作成する際に必要な文言を作成、確認をすることができます。
「My List」でグループ化したキーワードを用いて商品ページの文言が作成できているかが確認できるため、より効果的なページをつくることができます。

 

amazon輸出ならJungle Scout

商品リサーチには多くのデータが必要となってきます。特にamazonは独自のアルゴリズムを持っており、毎日自分で商品情報をチェックしているだけでは売れる商品を見つけることはできません。国内の商品リサーチも難しいのに、海外になると余計難しくなってきます。Jungle Scoutは多くのamazonデータを収集し、すべて数値で客観的に商品やキーワードを評価をするため、インターネット上で書かれている「売れる!」といった主観的な言葉よりも信憑性があります。もちろん、経験談は参考にはなりますが、Jungle Scoutは最終的な判断をする際に決定的な根拠を与えてくれるでしょう。


リリース一覧へ マーケティングインサイト一覧へ