PigData

マーケティングに必要なスキルとは?企画とデータ分析の関係性

2018年08月23日(木)

近年のマーケティング事業

マーケティング事業

新たな事業をはじめるとき、新しい製品を企画するとき、多くの企業が「マーケティング」を行うでしょう。 「マーケティング」と聞いて、「市場調査」や「広報」といった業務を思い浮かべる人も多いかもしれません。 しかし、マーケティングは、商品企画や人員管理まで広い業務に携わることが多く、同じマーケティング部門といっても会社によって業務内容がさまざまです。

そんなマーケティング全般に必要なスキルとはなんでしょうか? まず、マーケティングの一般的な流れから考えてみましょう。

 

マーケティングの流れ

marketingflow

マーケティングを実行するためにはいくつかの段階があります。基本的には多くの業務と同じく、「考える」「知る」「実行する」という流れとなっています。まずはこの流れを理解し、その中でマーケティングに必要なものを準備していく必要があります。
またこれを円滑に行っていくためには、いくつかのスキルが求められるでしょう。

 

マーケターに求められるスキル

マーケティング業務を担うマーケターには多様なスキルが求められます。

2017年1月、ガートナージャパン社が「マーケティング業務の変化に関する調査結果」を発表しています。マーケティング業務において必要とされるスキルは、下記のような結果となりました。

 

マーケティングスキル

http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20170117-01.html

この結果から、「重要であり絶対に必要」と回答された上位の項目は、

企画、立案能力

アイデアをまとめ、企画書を作成し、人と組織を動かす流れを組み立て、実行する力

データ分析能力

正確なデータを得て、そのデータを解析する力

マーケティング全般の経験、知識

マーケティングの流れをつかみスムーズに実行する力

社内調整力

スケジュールを組み立て、企画を実行するのためのコミュニケーション力

プレゼンテーション能力

まとめたアイデア、企画書を魅力的にみせる力

特に「企画、立案能力」と「データ分析能力」は前述したマーケティングの流れにも直接関わってくるので必須といえるでしょう。

 

「企画」と「データ分析」の関係性

マーケティングの流れにある「目的の明確化」はマーケティングを行う上での最初の「企画」となります。最初の「企画」はどのような「データ」が必要か、を明確にするための「企画」です。その企画後に得た「データ」が最終的な提案を行う「企画」へとつながります。

【例:クリスマス商品をつくる】
まず「対象」「場面」などを明確にします。企画目的を「祖父が購入する6歳の男の子が遊びながら学べる玩具」「孫とコミュニケーションがとれる」と詳細に設定します。クリスマス商品の企画には、「現在の流行」「項目別の売上データ」「クリスマスプレゼントとしての価格帯」などのデータが必要ですが、企画目的を明確にさせることで、「6歳の男の子の現在の流行データ」「知育玩具の売上データ」「祖父が購入するクリスマスプレゼントの価格データ」というように、収集すべきデータの詳細がわかります
また、ここで収集したデータの結果を分析することで「クリスマス商品」は単なる玩具ではなく、「家族みんなが喜ぶコミュニケーションツール」の企画となるかもしれません。

企画とデータ分析は相互に必要とされているので、それぞれを意識することが大切です。

マーケティングにおける「企画」と「データ分析」

 

マーケティングを始める前に

マーケティングには多くのスキルを求められますが、「企画・立案」「データ分析」について理解することで、マーケティングの進め方が明確になっていくでしょう。
また、マーケティングに必要なデータも、企画次第にはなりますが、様々な方法で取得することができます。自社でアンケートを作成し、収集する方法もありますが、Web上にある「ビッグデータ」を活用して世界中からデータを取得することもできます。
これらのデータをうまく活用し、マーケティングの企画、データ分析をすすめていきましょう。


データ分析の第一歩がわかる!ビッグデータとは

ビッグデータの収集ツールはこちら

 

メルマガ

リリース一覧へ マーケティングインサイト一覧へ